プロダクトデザイン科 ブログ(プロダクトデザイン 専門学校)

デザインで未来を創る。



蒲田 八王子 3年制 プロダクトデザイナー・カーデザイナーをめざす人の情報ブログ プロダクトデザイン科ブログ

オープンキャンパス+体験入学 多彩なデザインの仕事を体験しよう!

プロダクトデザイン科blog

February 17, 2008 プロダクトデザインのすすめ#2 デザインにデッサンは不可避か?その2

前回お話ししたスケッチの重要性なのだけれど、ここ最近デザイン関係の人と会う度に交わされる、一つのキーワードがあります。

 

「手描きスケッチ」できる人じゃないとダメ

 

自分の過去の職場の同僚、実習担当の加藤先生、グラフィック系の講師の方々や、建築、インテリアどの分野の方も異口同音に唱えている。

 

なぜか?

 

CGが発達した現在、ほんの少しソフトのスキルを上達させればそれなりの立体データが完成する。

しかも、ご丁寧にレンダリングと言ってその立体データが持つ曲面設計を考慮して陰影の微妙な濃淡や映り込みを計算し、それなりに説得力あるモノが画面上に出現するのだ。

 

便利ってスゴい!コンピュータ万歳!!

 

って、冗談です。

デザインの真理とは実はこの結果の真逆にあり、機械が計算では産み出せないところにオリジナリティとデザイナーの本質が含まれるのです。

昔はこんな便利なモン無かったから、あたまの中で立体を想像し、微妙な線使い、カラーリングの調整でスケッチや完成予想図を描いていた。

それはあくまでも手という身体機能を通じて、実に健康的に頭の中の潜在意識と対話するデザインの中の重要なプロセスなのである。

ところが現在のCG技術は何気なく引いた図面がちょっとした操作ですぐ立体になってしまう。自分自身が立体を想像しなくとも勝手に出来ちゃう。

それを自分があたかもデザインしました。と錯覚しちゃう。

現場を知る自分を含めた前述の人たちは、そのCGによる麻薬にも似た危うさを嫌と言うほどしっている。

だから、このCGの氾濫を懸念するのです。

 

 

もちろん、CG完全否定はしません。

言いたいのはCGに頼りきる前に、手描きできちんと自分自身がデザインを納得の行くレベルにしていかないとイカンということなのです。

 

つうわけで、今回の試験にも簡単なスケッチ問題をだしましたが、ちゃんとやらんヤツはそれまでだぞい。

現場のプロは何気ないスケッチにこそ大いに眼を光らせておるのよ。

やっぱデザインで飯食いたいというギクッとした人は今日から1日最低10個のスケッチから始めましょう♪

 

やればやるだけ身に付くよ。

その辺り、ホントスポーツと一緒だから。

 

 

(オーヤマ)

n-73489941 at 18:56 | この記事のURL | |

February 16, 2008 第16回 アイリス生活用品デザインコンクール

 

春休みの自習アイテムににいかがでしょう?

>プロダクトコースALL(´∀`)

 

 

第16回 アイリス生活用品デザインコンクール

http://www.irisohyama.co.jp/company/socialactivity/contest/


募集内容

収納用品・ガーデン用品・ペット用品・事務用品など、生活用品のデザイン提案

応募期間

エントリー期間→2008年3月1日(土)〜3月31日(月)
作品受付期間→2008年4月1日(火)〜4月15日(火)

[最優秀賞] 1点/100万円
[優秀賞] 1点/50万円
[佳作] 2点/20万円
[生活用品特別賞] 3点/10万円
[学生奨励賞] 3点/10万円


情報元(オーヤマ)

n-73489941 at 15:58 | この記事のURL | |

February 14, 2008 はちおーじインテ・プロダクト球技大会♪

テストもひととおり終わったので、息抜きしました。

つか、皆授業中より生き生きしてる気がするのは気のせいでしょうか('A`|||)

ま、こんなこともして日頃のストレスも発散して、次への活力になるといいね〜。

 

23

 

 

 

 

 

4

 

ピンで写ってるのは、今回の立役者EんD君です。お疲れ様♪

 

5

 

 

 

 

1312

 

 

 

 

 

814

 

 

 

 

 

 

 

リポーター(オーヤマ)

n-73489941 at 19:52 | この記事のURL | |

February 12, 2008 「英語でしゃべらナイト」来週は佐藤可士和・悦子夫妻がゲスト

皆さん、英語やってますか?

え?デザインに英語関係ないじゃんって?

いやいや、プロダクトの世界はプロになった時点で英語はずっと付纏うんですよ。

製品はいまや、ドメスティックオンリーと言う枠から外れ、世界基準で勝負しなければならないという使命を帯びたものばかりになっていますから。

そんなわけで、自分が毎週楽しみにしてる英語番組がNHK「英語でしゃべらナイト」だったりします。

来週はデザイン志す皆にはひとつの憧れであろうゲストが登場しますよ♪しっかりチェックしましょう♪どんと見据えて♪(Don't miss it!!)


次週の「英語でしゃべらナイト」はアートディレクターの佐藤可士和悦子夫妻がゲスト。広告に留まらず、商品そのもののデザインから企業ブランディングまで様々なデザインの分野で活躍し話題を呼んできた佐藤可士和。そして、可士和の妻であり、マネージャーとして、彼のクリエイティビティを支えてきた悦子。
「ニッポン」をどうデザインし、世界に発信するのか?そして、夫婦の「異文化コミュニケーション」術は・・・?
パックンは、スタジオを飛び出して、グーグルに突撃取材。YouTube創設者にインタビュー。
「フラッシュダンス」でお馴染みの女優ジェニファー・ビールス川島なお美がインタビュー。
アーティスティックなしゃべらナイト、お楽しみに!


情報源(オーヤマ)

n-73489941 at 2:13 | この記事のURL | |

February 10, 2008 「名古屋デザインDO!」コンペのお知らせ

http://www.idcn.jp/compe/


「名古屋デザインDO!」は、才能を秘めた若いデザイナーの育成と交流を目指して、広く世界に向けて開かれた国際コンペティションとして企画し、2年ごとに行います。

毎回、時代や社会的な課題を反映したテーマを設定して、新たな価値観や提案を世界各国から募ります。 今回で6回目となる「名古屋デザインDO!」では、優秀作品を選び表彰するとともに、入賞者を名古屋で開催するワークショップに招待します。世界のさまざまな地域からの、多様な価値観をもつ人たちが出会い、交流を深めることは、極めて貴重な体験となりましょう。 また、入賞者は、将来的に名古屋のプロジェクトに参加できる可能性をもった「名古屋ブレーン」 (人材データベース) にも登録されます。

このコンペティションが若いデザイナーの登竜門となり、新しい活躍の場をつくる契機となることを願っています。若々しい意欲的な提案を期待しています。


気になる人は参加してみたらどうかな!?

 

(オーヤマ)

n-73489941 at 17:44 | この記事のURL | |