プロダクトデザイン科 ブログ(プロダクトデザイン 専門学校)

デザインで未来を創る。



蒲田 八王子 3年制 プロダクトデザイナー・カーデザイナーをめざす人の情報ブログ プロダクトデザイン科ブログ

オープンキャンパス+体験入学 多彩なデザインの仕事を体験しよう!

プロダクトデザイン科blog

January 25, 2008 AXISビル(東京・六本木)4階のAXISギャラリーでは、

Skin: フィリップスデザイン[プローブ]プロジェクト 展
いずれやって来る遠い未来、メインストリームになるトレンドとは何か?

フィリップス1

 

を明日から開催する模様。

これでオイラも六本木に行く理由が出来ました。

詳細は以下に。

 

AXISビル(東京・六本木)4階のAXISギャラリーでは、フィリップスデザイン社(オランダ)で進行中のプロジェクトを紹介する「Skin: フィリップスデザイン[プローブ]プロジェクト」展を、1月26日(土)〜2月3日(日)に開催いたします。
プローブプロジェクトとは、10数年後のライフスタイルを、デザインの視点から広く考察するものです。フィリップスデザインのリサーチャーによる2020年以降のライフスタイル予測をベースに、社会状況や経済における変化を仮定し、新たな領域での知的財産の創造を目的としています。5つの分野―政治、経済、環境、技術、文化―におけるイノベーションを探求する、独創的で先見的な提案です。
本展ではプロジェクトのうち、主に「エレクトロニック タトゥー」と「サスティナブル・ハビタ」という2つのプログラムを、映像を中心にご紹介します。また、会期中は主催者によるプレゼンテーションを、連日17時より行います。

AXIS2

 

 

(オーヤマ)

n-73489941 at 15:26 | この記事のURL | |

January 24, 2008 サロン・デュ・ショコラ

世界最大のショコライベント、サロン・デュ・ショコラが開催中(伊勢丹新宿店)

 

だそうだ。

詳細は以下参照。

 

2008年1月23日 20:10
 
 世界最大のショコライベント、サロン・デュ・ショコラが東京・新宿の伊勢丹新宿店で開催されている。日本での開催は今回で6回目。13カ国、50を超えるブランドと、ショコラティエが約30名来日している。
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_1185/
 
一見、プロダクトとチョコ何の関係も無いようだけど、さまざまな感覚を刺激して相手を幸せにするという行為はデザイン以外の何物でもないと思います。
 
普段コンビニのチョコしか見たことが無い人はこういう所に行って本物の高級感、大人のもてなしを感じるのもすごーく勉強になりますよ。
 
 
(オーヤマ)

n-73489941 at 9:44 | この記事のURL | |

January 22, 2008 卒制に付き合ってたらこんな時間

もう22時過ぎました。

疲れたので帰ります。

ネタを書く余裕が無いです。

ごめんなさい。

 

(オーヤマ)

n-73489941 at 22:10 | この記事のURL | |

January 21, 2008 仕込んでます

こんばんは〜。

来年度の新入生用のネタ、現在仕込中です。

カリキュラム、教科書、教育方針、すべてもう一度見直しながら急ピッチで検討中です(`・ω・´)

ってことで、今日は簡単なコメントでオシマイです。

また明日(。・ω・)ノ゙

 

(オーヤマ)

n-73489941 at 22:13 | この記事のURL | |

January 20, 2008 リアル・デザイン3月号

こんにちは、オーヤマです

今日は、巷で色々出ているデザイン雑誌の中のリアル・デザインを紹介します。

この雑誌、割と最近創刊したと記憶しています。

間違えてなければ約1年ぐらい前だったかな?

最初は割と商品カタログ的な雑誌だな、と思ったりもしてましたが、ここ最近内容も良くなってるようです。

以下の文章は、今月発売のリアル・デザインブログから引用しました。

 

リアル・デザイン3月号発売!”いま旬なデザイナーに焦点をあてて、昨年の話題をさらった最新デザインを、デザイナーの視点で解説するという特集だ。

デザイナーという職業は特殊なものでとっつきにくいと思われるかもしれないが、彼らがデザインを世に出すときにターゲットにしているのは、ほかでもない消費者。われわれとなんら変わらない視点を持っていて、取材するたびに本当におもしろい話をきくことができ、目からウロコだ。

今月号ではデザイナーの仕事を言葉をまるごと記事にしている。読めば「なるほど!」と唸らされることは間違いない。”

 

なるほど、自分もちゃんと読んでいないけど結構そそる内容のようではある。

この雑誌が良いところは、専門書店でなくとも売っている点だ。コンビニ等でも入手できたりするのがスゴい。

ここ最近、プロダクトデザインが社会的にフォーカスされているせいもあると思うけど、何にしろ一度目を通しておきたい号ですな。

 

(担当:オーヤマ)

n-73489941 at 16:7 | この記事のURL | |